カスタム

やまちゃんのシート工房でヴェルシスのアンコ抜きをしてもらったよ!!

今回はバイクに乗る人、特に女性がよく持っている悩みを解決する記事です。

先日増車しましたVersys650。
かっこいいコイツはひとつ問題を抱えていました。

そう、、

見ての通り、

足つきが悪い!!!

乗れなくはないけどいざって時に踏ん張れそうにない。
なによりも停車するのに不安が大きく、純粋に走ることを楽しむ心の余裕を持つことができそうにありません。

ちなみに私の身長は156㎝。
脚の長さはお世辞にも長いとは言えない日本人体型のため、もともと欧米への輸出向けに開発されたヴェルシスで足が届かないのは自然なことです。

バイクの足つきを改善するためにはいくつか方法があって、

主には

  • ローダウンキットの使用
  • 靴底の分厚いライディングブーツを履く
  • シートのアンコ抜き加工

こんな感じです。

私自身に当てはめて考えてみると、

  • ローダウンキット
    逆輸入車ということもあってローダウンキットを購入するのに1~2か月ほどかかります。
    たしか25,000円ぐらいだったかな、それプラス工賃がかかります。
    下げれる高さは何種類かあって、2㎝~4㎝間ぐらい。時間がかかりすぎるため今回はやめておくことにしました。
  • ライディングブーツ
    底が分厚い靴を履いて脚の長さを稼ごうってわけ。でもね、すでに履いとる。
    履いてて足がつかんのじゃ。

で、アンコ抜きに手を出したというわけです。

今回お願いしたのはこちらのお店。
やまちゃんのバイクシート工房さんです。

大阪府堺市にある、その名の通りやまちゃんが社長の、バイクシートの加工を専門にされている業者さんです。

今回の記事の中ではちょっと馴れ馴れしい気もしますが、親しみを込めて社長のことをやまちゃんと呼ばせていただきます。

さて、実際に注文するにあたってお店にうかがうことも考えたのですが、ウェブサイトにも記載があるように

新型コロナウイルス流行の影響でなるべく短時間でということでしたし、余計なご迷惑をおかけするのも申し訳ないので、今回は完全オンラインで注文をすることにしました。

自分の体格とバイクの大きさを直接見ていただいて加工をお願いしたい…という不安な気持ちもありましたが大丈夫。

なんといってもやまちゃんはプロ。

高木
高木
率直にお聞きしますが、年間何個ぐらいのシートを加工されているんですか?
やまちゃん社長
やまちゃん社長
年間ですか?
うーん…おおよそですが、1200〜1300台ぐらいでしょうか
高木
高木
1300??!
思ってたよりもずっと多いんですけど、桁合ってますか?!
やまちゃん社長
やまちゃん社長

個人のお客様と、法人のお客様とでが大体半々で加工させてもらっています。

ホームページにはお客さんから寄せられた写真がズラリ。

やまちゃん社長
やまちゃん社長
バイクによってシートは様々なので、日々勉強です。
個人のお客様からは高木さんのようなあんこ抜きなどの加工だけでなく、古いバイクのシートのレストアなど、めずらしいシートも加工させていただいています。
対して法人のお客様からは最新のバイクのカスタムをご依頼いただくことが多く、いち早く最新のバイクに触らせてもらうことができます。
様々なシートの加工をしてきたことで車種ごとのシートの形状や状態を把握することができ、細かいご提案ができるようになりました。
高木
高木
バイクの車種が一緒でも、年式によって形状が変わるから、膨大な知識量になりますね…!
ところで最近は来店無しのウェブ上での依頼が増えているかと思うのですが、注文する際に私たちが気をつけた方がいいことってありますか?
やまちゃん社長
やまちゃん社長
なるべく細かく、具体的なイメージを教えてもらえると有り難いです。
高木
高木
例えば私だと、ヴェルシス650の2011年式、身長が156cmで足つきは片足のつま先のみ、できるだけ足つきをよくしたいといった感じでしょうか。
やまちゃん社長
やまちゃん社長
そうですね。
初めての注文する方は具体的に、と言ってもイメージしにくいこともあるかと思いますので、わからないことがあればなんでもご相談ください。
高木
高木
私が最初にメールでご連絡をしたとき、ものすごく丁寧にご返信いただいたのが印象的でした。

ご相談の時点で概算のお見積をしてくださったのも、お財布と相談しやすくてありがたかったです!

やまちゃん社長
やまちゃん社長
それはよかったです!

ひとつ申し訳ないのが、おかげさまでたくさんの注文をいただいていて、ひとつずつのお仕事を丁寧にするために完全予約制とさせていただいています。
職人を増やせたらいいのですがなかなか難しく…ご不便をおかけしています。

高木
高木
早めに予約をしたほうが、自分のほしいタイミングに合わせて加工してもらいやすいということですね!

ということでやまちゃんの丁寧なお仕事をうかがい知ることができ、安心してお任せすることができそうです。

さっそく予約をして、シートを工房へ送ります。
段ボールとプチプチで包んでミイラみたいにして発送したよ!!

工房に届いたらやまちゃんより正式な金額の連絡が来るので、前払いで振り込みをします。

今回私の施工内容は

シートアンコ抜き+低反発ゲル加工+新しいレザーに張替え

ということで、送料合わせて40,600円でした。
※2020年10月時点。車種やシートの形状によって金額に差が出ると思われます。

安いお買い物ではありませんが、ベテランの職人さんがひとつずつ丁寧に加工してくださること、今後快適にツーリングができることを思えば妥当な金額だと思いました。

作業開始日より大体1週間ほどでやまちゃんより連絡が来ました

やまちゃん社長
やまちゃん社長
お久しぶりです!

加工が完了しました。
こんな感じで進めさせてもらいましたよ。

(before→after)

[/chat]

やまちゃんのバイクシート工房では、こうして作業の工程を写真で記録して送ってくださるのも安心ポイントです。
比べてみるとかなりごっそり削られてるのがわかります。

今回はシートを削る加工をしていますが、なんと逆にシートに高さを出す加工や、シートの材質を固くする加工なども可能とのこと。
もう、自由自在です!!

加工後はすぐに返送してくださいます。
自分が梱包して送ったときの箱をそのまま使って送り返してくださるので、箱は丈夫なものを使うとgoodです。

それではいざ、装着…!!!!

ででん

またがってみます。

おっ!!!!!

加工前を振り返るとこんな感じでした。

かなり改善されているのがわかります。
なんと、頑張れば片足べったりつくぐらいになりました!!!

やまちゃん社長
やまちゃん社長
単純にシートの高さを削るだけだと座面が広がってしまい、かえって足つきが悪くなってしまいます。
高木さんの場合は足つきで悩まれていたので、シートの内側もしっかり削ることで足を真下におろせるようにして足つきを改善させてもらいました。

レザーも新しく張り替えてもらったため、まるで新品のような見た目に変わっています。
中古のバイクなので「せめてシートだけでもきれいになれば」と思っていたため、かなり大満足の結果になりました!

既に700kmほど走ってみたのですが、信号待ちや一時停止の不安がなくなり、
また振動があるバイクにも関わらずゲル加工のおかげでお尻も痺れず、
純粋に走ることを楽しむことができるようになりました。

慣れたらそのうち1日中乗り続けるお尻耐久試験ツーリングもしてみたいね。

本当に加工していただいてよかった〜〜!!!
と声を大にして言いたい!

持っているバイクの足つきで悩んでいる方、
憧れのバイクを脚付きが理由で躊躇している方、
シートのアンコ抜き加工はかなり有効な手段だと思います。

まずは一度、ご相談をしてみてはいかがでしょう。

最後に、
親身になって相談にのってくださり、
そしてお忙しい中突然のお願いにも関わらず快くインタビューにご協力くださったやまちゃん、
本当にありがとうございました。

みんな、ここで加工してもらえば間違いないぞ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です