キャンプ

しまなみ海道の旅② 白雲のたなびくように

☆前回のお話☆

middy-kerori.hatenablog.com

「旅人・原付の聖地って言われている島があるんだけど、知ってる?」

「聖地…ですか?」

「その島には、当然バイクなら小型しかいないんだけど、カブばっかり来てるって噂。せっかくクロスカブ買ったなら行かなきゃ損じゃない?」

普段ツーリングをしてると小型バイクに出会うことは少ない。
それが、小型バイクしかいない環境だなんて。

聖地って言うよりもガラパゴス諸島って言ったほうが近いんじゃないかしら。

5ヶ月後のゴールデンウィーク前夜

和歌山港からフェリーに乗り込んだ。

関西から四国へ行く方にはこの南海フェリーをゴリ推ししたい。

nankai-ferry.co.jp

なぜなら、まず本数が多い。

2,3時間に1本はある。
徳島⇔和歌山っていうルート的に考えるとちゃんと採算とれてる?!って心配になっちゃうぐらい多い。
この本数のおかげで四国がかなり身近に感じられる。

次に運賃が安い。

例えばカブならバイク1500円+人間2000円で合計3500円。(2019年9月30日まで)
中型バイクであっても4100円なので、明石海峡大橋を渡る(ETCなし)のと同じぐらいだ。
ぼーっと寝ながら移動しているにも関わらず。
素晴らしい。ちゃんと採算とれてる?!

最後に、夜中の便がある。

北海道や九州行きと違い2時間と乗船時間が短いにもかからわず、AM2時40分和歌山発→AM4時55分徳島着っていう便がある。

需要は意外とあるらしく、今回みたいな連休前なんかに行くと乗船前のお客さんが多数待合室で白目を剥いて待っている。
もちろん私もその中のひとりだ。かなり率先して大口開けて居眠りをしていたと思う。

徳島港には予定通り到着したが、走り始めてすぐに強烈な寒さを感じる。

おかしい。

季節、土地的には服装のミスはないはず。

イレギュラーな気温が悪い。たぶん。

 ゴールデンウィークというのは寒波がつきものなんだろうか?

初めてのロングツーリングの日を思い出すような寒さだった。

全身がブルブルと震える。

がんばれ私の身体!
ついでに燃焼せよカロリー!

そうだ!痩せろ!
こんなに苦しいんだから痩せろ!

痩せろ!痩せろ!痩せろ!痩せろ!

痩せませんでした。

寒すぎて耐えきれずにうどんをいただいた。

もちもちの麺、温かな命の出汁、そっけないと思いきや退店時に

「かっこいいじゃない、気をつけて」

と声をかけてくれた粋な女将。

はぁ~~~~。染みる~~~~~~。

はい。道の駅今治湯ノ浦温泉。

しまなみ海道はもう目と鼻の先です。

海が近づいてきた証拠に潮の香りがする。

自動車道の入り口は相変わらず主張激しく真緑の看板をギラギラさせている。

対して自転車道の入り口はたぶん小さいし、ひょっとすると見逃してしまうんじゃないの?

心配していましたが、無用でした。

いつの間にか道路の脇にはブルーのラインがひかれている。

これが「しまなみサイクリングロード」、愛媛県と広島県が推奨するしまなみ海道のサイクリングロードの目印です。

ここさえ外さずに走り続ければ、確実に本州まで渡ることができるということ。

そもそも今回の旅の道中は人里なので遭難の心配はありませんが、それでも迷わない保証をされているというのは安心します。

ご丁寧に次の橋の名前と距離まで教えてくれる。

かなり親切。

見近島どころか、しまなみ海道自体が二輪の楽園なことはこの時点で間違いない。

最初の橋「来島海峡大橋」です。

橋についての知識はあまりないのですが、調べてみると世界初の3連吊橋なのだそうです。

天気がいいおかげで眺めが最高!

青い海!青い空!そして白い橋!!

橋の端っこにある側道を走ると、ありきたりな表現ではあるけど、まるで空を走り抜けているような感覚に陥ります。

風になってるぜ!!私!!!

潮のいい香りを楽しみながらわざとスピードを出さずにのんびり走ってみる。

いいにおい…!最高…!!

こういう空気や温度の変化がダイレクトに感じられるのがバイクの好きなところです。

実は私、生まれも育ちも広島県なのですが、狭い海にプカプカと小さな島々が浮かんでいる様子を見ると故郷を感じ、胸が熱くなります。

日本海や太平洋もかっこいいけど、島がいっぱいあって水平線が見えない海が一番高まる~~!!!

(と言いつつ、この年になるまできちんとしまなみ海道へ来たことはありませんでした。)

側道の幅は狭めなので対向車とすれ違うときにヒヤッとしますが、丁寧に走れば大丈夫です。

地元ライダーは結構なスピードで向かってきます。
素人は黙って端に寄りました。

 通行料を払って最初の島「大島」に上陸です。

料金所は無人で、メタル賽銭箱が置いてあるのでその中へ投入します。

来島海峡大橋の通行料は原付なら200円です!やっす~!!

ちなみに自転車なら「しまなみサイクリングフリー」っていうキャンペーンで、なんと20203月までは無料で通れるそうです。

ずるい!行くしかないじゃん!!

本四高速の回し者みたいになるけど自転車乗りの方、近隣の方は特に、行かないと損してますよ!


詳細下記のリンクよりどうぞ。

何度でも言う本当に行ったほうがいい!!

www.jb-honshi.co.jp

島に入ってすぐのこの公園でテンションが上がってパシャパシャ写真を撮りまくっていたのですが、よく見たら端っこのベンチで幼女がオムツを履き替えていました。

気が付かずに普通に撮影してしまった。

ごめんよ。ちゃんと消したからね。

渡っている間は気が付かなかったけど、改めて見ると来島海峡大橋は本当の本当に長い。

全長約4km。

真っ白な橋が海よりずっと高いところを通っている。

まるで、白い雲が島々の間をたなびいているようだった。

☆続く☆

次のお話

middy-kerori.hatenablog.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です