日記

クロスカブで雪遊びしてみた


岐阜ってすごいね。ちゃんと雪積もってるんだもん。
とある林道で雪遊びしてみました。


1日目、まずはひとりで。
初めて走った時はもう、散々。一瞬たりともペダルに脚をあげることができなかった。
常にどちらかの脚をつきながら歩くようなペースで移動しました。

最終的に1瞬乗ることはできたんだけど……
滑ってコケました。笑
大きなホムセン箱積んでるメリットって、こういう時に車体よりも先に着地してくれることかも。
林道やダートで何度かコケてるけど、車体へのダメージはまだ一度もないです。

その3日後、今度はkai君とふたりでリトライ。
年越し北海道の時に購入した、キャプテンスタッグのすべらんぞーがまたしても活躍してくれました。

これね、1000円ぐらいなのに優秀です。
バイクが踏ん張り効かなくても、人間が踏ん張れれば多少マシになります。

ただしサイズが大きいので、ライディングブーツ以外の靴(スニーカーなど)には合うサイズがないかもしれません。


その甲斐あってか、2回目は結構走れたかな。

随分前に記事かなにかで「ダートを走る時はスタンディングしなくてもいいから、靴底で地面を感じること」って聞いたことがあって、それを意識したからかな。

なにより大きかったのは、雪上走行の大先輩であるせーやさんにアクセルの開け方のアドバイスをいただいていたことかもしれない。


ちょっと走れてる人っぽでしょ…?(めちゃ遅いですが)

ところでバイクとは関係ないけど、雪上って動物の痕跡を見れるのも好きです。
シカっぽい爪の跡、たぬきっぽい肉球の足跡とかが地面に残ってるのっていいですよねえ…。

今回はあまり見たくなかった、野生動物のオシッコの跡を見つけました。しかも走ってる場所のすぐ隣。
この上でだけはコケないようにマジで気を付けた。

「ここだけは素通り」「絶対コケない」「おしっこがここにある」って意識すればするほどバランスを崩したので、走ってるときは視線を遠くにやるのがどれだけ大切かって話ですね。

おわり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です