告知

ライターなのに雑誌『DIME』11月号付録の使用モデルに使ってもらった事件

Twitterでも告知していたのですが…みなさん、大変なことが起きました!
なんと私 高木はるか、本日9月15日発売の『DIME』11月号付録『ドラえもん DRY BAG』の使用イメージのモデルに採用していただいたのです!


ライターとして独立して1年半、web版である@DIMEにて『カブガールが行く』の連載を始めて1年2か月。
いつかはDIME本誌にも掲載してもらいたい…!と思ってはいましたが、まさか文章記事の前に付録ページに載せていただくとは!!

といっても、本誌への掲載はこんな感じのミニサイズ。

私の手なので、誰が何と言おうとこれも出演の一部です。笑

あまり大げさに喜ぶと恥ずかしいのですが…モデルでもなんでもないので滅多にない機会だし、嬉しいのだから素直に嬉しいと言わせてください。笑

ちなみに、動画には結構ガッツリ載っています。
SNSやYouTube、朝の番組のCMと、あとは都内の方は電車内のディスプレイに出るそうなので、見かけたら教えてもらえると嬉しいです。

DIME11月号は全国の書店とオンラインショップで販売中。
ドライバッグはマジで可愛い&優秀なので買って損なし。@DIMEにてレポートも書く予定なので、是非チェックしてみてくださいね!

最後に、ちょっとだけオフショットのご紹介。
撮影は埼玉県ときがわ町にある『キャンプ民泊 NONIWA』にて行われました。

NONIWAのおふたり、エリーさんとアオさんと。

BBQシーンの撮影。BBQ検定やソロキャンプダムディズムのお話を聞きながら、和気あいあいとした現場でした。
YouTubeの最後に映っているシーンは、アオさんが「ミシシッピ!」と言っているところです。笑

非常に天気の良い日で、みんなひたすらに水分補給しました。
カメラが熱くなり過ぎるトラブルも起きちゃうぐらいで、本当に暑かった…!

NONIWAのリビング。古民家っぽい雰囲気と大量のキャンプギア。ロマンが詰まっていました。

撮影していただいた写真がこちら。さすが、プロの写真はすごくキレイです…!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。