キャンプ

クロスカブに愛用キャンプギアを積載する手順

@DIMEのこちらの記事にて、最後にちょこっとだけ触れたキャンプ道具の積載。

スペースの都合でほとんどご説明できなかったので、ブログにて詳細を書いてみました。
気になった方の参考になれば嬉しいな。

1泊2日での積載はいつものトラスコ箱です。

トラスコ箱の固定方法はこちらの記事に書いてます

クロスカブをフルパニアをにした方法我が家のクロスカブはフルパニアです。 いろんな所で 「どうやってるんですか?」 と聞かれるので、お答えします。...

ギアのご紹介

ざっと行きます。

大体左から順に
マット BUNDOK/フォールディングマット
テント
 テンマクデザイン パンダライト
テーブルその1 SOTO/フィールドホッパー
テーブルその2 kemeko/キャンピングコンパクトテーブル
蚊取り線香太巻
ウォーターバッグ エバニュー/ウォーターキャリー2L
ハンマー ただの金槌
ランタンその1 フュアハンドランタン/ベイビースペシャル276 ジンク
ランタンオイル ムラエ/レインボーオイル防虫タイプ
クッカー モンベル/アルパインスクエアクッカー13 or キャプテンスタッグ/ステンレス角型ラーメンクッカー
アルミ毛布(エマージェンシーシート)

コンロ SOTO/レギュレーターストーブ
シェラカップ SOTOロゴスの200mlの
カセットガス缶 SOTO/レギュラーガス
虫よけスプレー 近々マダニ対応のを買い直そうと思う。ガスタイプじゃないやつがいいな。
ナイフ(緑色のケースの中) ハルタホース/アウトドアナイフ OK1
焚き火台 野良道具製作所/野良ストーブ
鋸&鉈 ホムセンでてきとうに買ったよ
火ばさみ ワールドウォーク/スライド式トング
ランタンその2 キャリー・ザ・サン
チェア ノーブランド

~写真にはうつっていないけど~
懐中電灯 ジェントス/ヘッドライト
グランドシート ロゴス/ぴったりグランドシート200
シュラフ ナンガ/オーロラ450DX(秋冬春)
     ロゴス/シルキーインナーシュラフ(夏)
着替え 焚き火服ワークマン/アノラックパーカー(廃盤)、靴下1足、タオル2枚
洗面用具

大体こんな感じです。

まとめる

さて、このまま積んでもいいのですが、荷物を減らすためにスタッキングや諸々の収納などの準備をします。

シェラカップ&レギュレーターストーブ

重ねてポーチに入れます。
これはダイソーのポーチ。
シェラカップの持ち手がはみ出るけどまあ、いっか。みたいな。笑

野良ストーブ&鋸&鉈&火ばさみ

百均でゴムバンドとステンレストレー(たぶんキッチン用品の所にあります)を買ってきます。

野良ストーブの凹みに鋸と鉈を置いて、ゴムバンドで固定し、中に火ばさみをつっこみます。

ここに皮手袋入れておくとさらに便利。
この皮手袋はキャンプを始めた時にホムセンでてきとうに買ったものが、予想以上に長持ちしています。


それらをまとめてA4サイズのビニールケースに入れてチャックを閉めれば

こうしてひとまとめになりました。
重いけど、これ一つあればどこでも焚き火ができます。

ナイフとカトラリー

上のではナイフしか紹介していませんでしたが、こんな感じで箸やカトラリー(ユニフレーム)、ライターなどと一緒にセリアのプラスチックケースに入れてまとめています。

蓋部分に置いている小袋は何かというと、火種になりそうなものです。
この絵面だけ見たらヤバいものにも見えますが、いたって合法です。

右が白樺の皮と、ススキ。左がコットンと麻紐です。
元々は「焚き火なんてバーナーでつけた方が楽でいいじゃん」って思っていたのですが、ブッシュクラフトの講習を受けてから「ロマンじゃん…」って思ったので集め始めました。

カトラリーとカラトリー、どっちかいつも悩んじゃうのですが、正しいのはカトラリー。
カラトリーは誤用が定着しちゃったやつですって!

クッカーの中身

クッカーの中にはまな板、食卓塩、ライター、スープの素、コーヒーマヨネーズなどを入れています。

てきとうに色々入れておくと、飲みたくなった時に気軽にスープや紅茶が飲めるので気分が良い。塩はどんな食べ物にも使えるので結局一番便利。

 

蓋の取っ手が嵩張るので、逆さまにして収納します

 

まな板、林業が盛んな地域の道の駅で売ってるような端材を使って自作しました。
ちょうどいいサイズが見つかれば鋸と紙やすりで簡単に作れるので是非挑戦してみてください♪

初めてのクッカーとギアコンプレックス先日クッカーを買いました。 それがこれ。 mont-bellのアルパインクッカースクエア13 袋麺がぴったり入るサ...

蚊取り線香

細かいことですが、蚊取り線香は1個だけセットして持っていきます。

服&タオル&シュラフ

服とタオルは圧縮袋に入れておきます。
必須。

シュラフはコンプレッションバッグで小さく圧縮して持ち運びます。
ベルトで閉めればダウンシュラフもこの通り、細く小さくまとまりました。


コンプレッションバッグにもいろんな種類があって、写真のように横方向を縮めるもの、逆に縦方向を縮めるもの、両方を縮めるものなど、使いやすいものを選ぶといいと思います。

ただしコンプレッションバッグを使うのはキャンプのときだけ。
自宅で保管をするときは、ダウンが傷まないように余裕のある大きめサイズの袋に入れてあげてください。

積むぞ!!

ここまで来たらあとは積むだけ!

フロントキャリア

まずはテント、チェアをスタッフバッグに入れたもの、kemekoのテーブル、キャリーザサンをフロントキャリアに固定します。


固定には非伸縮のマジックテープを使用します。
マジでこのマジックテープが便利すぎて、最近なんでもこいつで固定しちゃってます。ほんと優秀。

キャリーザサンは太陽光で充電できるソーラー電池つきのランタンです。
晴れの日に8時間充電すれば弱で72時間、中で42時間、強で10時間使えてとっても頼もしい。

2個あればめちゃめちゃ明るくなるので、料理の時に便利です。
テントの中での作業だったら、1個で十分なぐらい。

フロントキャリアに置くことで、移動時間中に充電することができるのでおすすめです。
注意点としては、裏面のベルトにもマジックテープを通して固定すること。
上から抑えるだけだと吹き飛びます。

オイルランタン

次にボックスの横にランタンを固定します。


使っているランタンケースはこれ
サイドループとボックスのU字ナットをマジックテープで固定してぶら下げていますが、

サイドループがどこまで破れずにもってくれるかな…。

ランタン以外にもオイル、百均のランタンホルダー、おにやんま君を入れています。

マット

マットもリアキャリアとU字ナットにマジックテープを通して固定します。


ぎゅっと締めれば走行中でもズレることなく固定できます。
マットが飛んで行ってしまうと他の車の事故を誘発することになるので、責任もってしっかり固定しましょう。

トラスコ箱

最後に残りの荷物を箱へ詰めていきます。

定位置があるのは下の写真のギアたち。
ボックスの底に滑り止めシートを敷き、詰めていきます。

あとは残ったものを適当に入れていきます。
おおまかですが、重い物を下に、薄い物や曲がっちゃいけないものは壁際に置くとうまく入ります。

 

全部入れば完成です!

 

良し悪しはあります。

最近ずっとこの積載でやっていますが、良い部分が多い反面、もちろん悪い部分もあります。

良いとこ

  • ほとんどの荷物の定位置が決まっているので悩まず早く積載できる
  • 荷物が少なく見える
  • 雨が降っても慌てずに済む
    (雨予報の時はあらかじめマットとランタンをビニール袋に入れて固定しておきます。
    降り始めた時に、キャリーザサンを箱の中にしまうだけで大丈夫。)
  • 身軽さを保てるので悪路でも問題なく走れる

悪いとこ

  • 荷物に余白がない
    (買い物したりお土産買ったりすると、ビニール袋をぶら下げて乗らなきゃいけない)
  • ボックスに鍵がつけられない

 

 

こんな感じです。

総合すると、とても気に入ってるクロスカブへのキャンプ道具の積み方でした。
積載で悩んでる方の参考になると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です